摂食障害治療・病院 TOP > 正しく知って治そう!摂食障害の基礎知識 > 世界で広がる「痩せ過ぎモデル禁止令」

世界で広がる「痩せ過ぎモデル禁止令」

ファッションモデル

摂食障害に悩む人は、性別に考えると男性よりも女性の方が圧倒的に多い傾向にあります。摂食障害を引き起こす原因は様々ですが、社会文化的な要因がその一端を担っているという指摘はかねてよりありました。現に、ファッション界や芸能界の痩せ志向やマスメディアに登場するモデル・芸能人の体型は痩せ願望を持たせるのに十分な影響力を持っています。

マスメディアと摂食障害の関係

Silverstein, Perdue & Peterson (1986)は,過去の米国のタレントの体型と現在のタレントの体型の比較,及びメディアに登場する男性と女性の体型の比較することで,①メディアに描かれた現代女性の体型が男性のそれよりも痩せていること,②現在,メディアによって提示されている体型の基準が,過去のそれよりもさらに痩せていること,③以上の二つの事実が,一部の限られたマスメディアによってのみ報道されているのではなく,多くの主要なマスメディアにおいても適用される,という 3 点を証明したことによって近年の摂食障害の増加にマスメディアが加 担していることを明らかにしている.

出典:(PDF) 「摂食障害傾向における個人的・社会文化的影響の検討」パーソナリティ研究,13(1),2004 [PDF]

こうした背景を受けて、ヨーロッパ各国では過度に痩せ過ぎたモデルを規制し、摂食障害の蔓延を防ごうという動きが広がっています。この動きをいち早く始めたのはスペインやイタリアです。2007年にはイタリア・ミラノ市とファッション業界の間で合意が締結され、16歳未満のモデル及び、BMIが18.5未満のモデルの起用が禁止されました。スペインのマドリードでも前年9月に一定の体重以下のモデルを禁止しています。 [1]また、2012年には、世界的なファッション雑誌「VOUGE」が痩せ過ぎたモデルとの契約をしない方針を示しています。[2]

ついにフランスでも施行!

ファッションの中心地とも言えるフランスでは、こうした痩せ過ぎモデルへの規制は、一度は導入が検討され、国会にも法案が提出されたものの、当時はファッション業界からの抵抗が強く、断念されていました。 しかしながら、フランスでも2015年にはついに痩せ過ぎモデルの雇用禁止法が成立[2]。2017年5月には痩せ過ぎモデルを規制する法令が施行され、医師の診断書とともにBMIが低すぎず、健康であることが証明されたモデル以外を起用することを禁止しました。

フランスでも摂食障害に悩む若い女性は60万人。うち4万人が拒食症患者で、交通事故について15〜24歳の死因にあがっていることを、フランスの雑誌「レキスプレス」では指摘しています。

こうした背景を受けてフランスでもやっと導入された、痩せ過ぎモデル禁止令。世界では「ありのままの自分でいることを認めることがクールである」。そんな価値観が少しずつ広がっています。

日本でも痩せ過ぎモデル禁止の動きは広がるか?

日本でも、ファッション誌などが若い女性たちの痩身願望を加速させる一端を担っているという指摘は各所から上がっています。

日本のファッション誌は、海外の雑誌と異なりたようなスタイルを提案する一方で、特定のモデルに高い人気が集まる傾向があると言われています。また、日本では雑誌モデルに親近感を感じ「私もなれるかもしれない」という気持ちを起こさせる傾向にあり、そうした場合には「私もそうなりたい」と不必要に痩身願望を抱く傾向があるのではないか、と指摘する研究者もいます。

モデルに対する「憧憬」の心理が,「私もそうなりたい」と願う意識によって痩身願望を喚起することは全体的な傾向として存在する一方で,人気モデルが「身近」で「親しみやすい」存在として描かれる雑誌に日常的に接触する者にとっては,「私もなれるかもしれない」というようなモデルの身体を獲得可能とみなす心理もまた,痩身願望に強い影響を及ぼすことが示唆される。

出典:(PDF) 「ファッション誌と痩身志向® モデルに対する憧憬と親近感及び読書傾向の視座からの実証的検討」マス・コミュニケーション研究,80,2012[PDF]

いずれにせよ、ファッション界の美的物差しが私たちの美的感覚に影響を与える可能性は大いにありますから、痩せ過ぎモデルへの規制が摂食障害を不必要に広げることの防波堤になってくれることを期待したいところです。

[1] ロイター通信「Milan bans ultra-skinny models from catwalk」2007年1月21日報道

[2] (PDF) 「栄養学から考える摂食障害」心身健康科学,2016[PDF]



摂食障害治療クリニック・病院おすすめ5院



摂食障害治療クリニック・病院おすすめ5院

身体への負担が少ない栄養療法が受けられるおすすめの摂食障害(過食症・過食嘔吐)クリニック3選

摂食障害の基礎知識

運営者情報

サイトマップ

PAGE TOP